~地域に暮らす人に寄り添いたい~

セルフケアカフェ

青い糸グリーフワーク

【セルフケアカフェ】

あなたは“五感”を意識して暮していますか?

S.C.N.のセルフケアカフェでは、心身と対話するきっかけに“五感”を活用します。“五感”と聞くと、あまりピンとこないかもしれません。でも、なんとなく不調だなぁと感じたり、最近睡眠不足かもと思ったり、なかなか疲れが取れないと悩んだりしていませんか。その原因、実は五感の衰えかもしれません。五感は誰にでも備わっている最強のパートナーです。

S.C.N.のセルフケアメソッドは、色や香り、食事や音楽、ものづくりや運動により、眠っている五感を刺激し、いきいきとした感性を呼び起こすヒントが満載です。「自分で」「いつでも」「手軽に行え」「継続できる」セルフメイドのセルフケアを、さぁあなたも始めましょう!

S.C.N.のセルフケアカフェは・・・仲間と共に五感を活用したワークを通して、さまざまな気づきや新たな発見を体験する場です。日頃から五感を意識的に活用することが元気のもとになります。

【開催】

1.定期カフェ:毎月第2土曜日13:00~16:00(中央区勝どきデイルーム)

2.出張カフェ:中央区内高齢者施設・板橋区内高齢者施設

※セルフケアカフェ及び出張セルフケアカフェへのお申込みは下記よりお願いいたします。

【青い糸のグリーフワーク】

グリーフ(悲嘆)とは、喪失における反応を意味します。

単なる悲しみの感情だけでなく、苦しみや心の痛みの現れなど、多面的な意味を持ちます。

また物事の捉え方、生き方、死生観など様々な変化や転機を余儀なくされます。

喪失には、死別、離別、病気による身体機能の喪失、社会的地位や役割、場所の喪失、ペットとの別れなど、何かしらの出来事によって自分の中に生じた喪失感を指します。その中でも、大切な人を死別によって失うことは、大きな悲しみであるグリーフを感じ、個人差はありますが、長期に渡って特別な精神状態の変化を経てゆきます。

大切な方を亡くされたあなたへ

“青い糸のグリーフワーク”は、ナラティブケアとセルフケアに基づいた、モノがたりとモノづくりでつなが能動的グリーフワークです。

大切な人を「想う」「話す」「共有する」五感を活用したグリーフワークは、あなたのレジリエンスをサポートします。

慌てることはありません。ゆっくり、じっくり、あなたのペースで行っていきます。

目の前の霧が晴れる瞬間をぜひ体験してください。私たちがあなたのグリーフワークをお手伝いします

【お問合せ】

岡部哲郎先生(イラストレーター)のやさしいイラストが描かれたパンフレットをお届けいたします。

​ご予約​​

氏名・電話番号・Eメールご記入の上、お申込みフォームまたはFAXでご予約ください。

カウンセリング/約1時間

サロンにて故人との想い出をお聴かせください。ご準備いただく想い出の品のリストと、完成までのスケジュールを作成します。

​ご準備

制作に必要な想い出の品をご準備いただきます。

制作

ご相談しながらゆっくりと作っていきます。スタッフが完成までお手伝いいたしますので、手作業が苦手な方でもご安心してお作りいただけます。​

〒104-0061
東京都中央区銀座
6-6-1銀座風月堂ビル5F

TEL:03-6228-3197

FAX:03-6228-3198

  • Facebookページ
  • Instagram

Copyright © 一般社団法人セルフケア・ネットワーク. All Rights Reserved.